愛媛県と言えば加計学園問題

愛媛県と言えば加計学園問題ですよね!?

今愛媛県と言えば加計学園問題が熱いですよね。

 

どうも安倍さんの応援団みたいな人達は加計学園問題はただのでっち上げだと言ってはばかりません。

 

逆に野党からすると大問題でこの問題を1年以上もやっています。ちなみに加計学園の獣医学部の一期生は186人だそうです。定員は200人で1000人くらい受験して入学は定員割れという何とも言えない感じです。

 

また本当にこの地域で獣医が不足しているのかは不明で今後分かることでしょう。ただ人口が減っている時点で獣医の需要が増えていくわけもなく、しかも今この時点で本当あるのかも謎です。普通の地方であれば当然獣医の需要はほとんどありません。今治市にあるとは思えない…。

 

加戸守行・前愛媛県知事って何?

国会で話題になった加戸守行・前愛媛県知事。

この人は一体何なんだろうか?ズバリ言って官僚上がりの人です。齢83歳の方で昔のザ官僚。東京大学法学部卒業の文部省の元公務員という訳。

 

この人が加計学園の獣医学部誘致をしていたのは周知の事実。何のためにかと言えば地域活性化なんじゃないでしょうか。別に実需がそれ程あるという訳でもないが大学の学部が新設されればそれだけ学生が多く集まるという感じだと思います。

 

ただですね、加計学園=岡山理科大学の獣医学部以外の応募って酷い状況です。学生が集まらない学校で経営すらも危ういのだとか。。

 

獣医学部問題より深刻 岡山理科大学の経営は大丈夫なのか

 

記事にあるように”一般入試志願者が「ゼロ」の学科が複数ある”ということで加計学園が運営する岡山理科大学のヤバさは半端ないようです。学校経営自体が苦しく、完全に国の補助金でもって運営されているような学校です。こういった経緯もあって起死回生の獣医学部招致がなされたようです。

 

やはり加戸守行氏も一枚かんでいて加計学園問題は教育利権を巡った問題であるということが言えそうです。ハッキリ言って学生なんて減る一方で大学や学部なんてこれ以上増やす必要性がないのは誰の目にも明らかです。もっと統廃合して国の補助金も減らしたり、あるいは大学に進学したい学生を援助した方が良いにきまっているでしょう。

 

お友達を優遇して何が悪い?

国会等でいろいろ言われているし、いろいろな人が言っていることですが、実際にこの案件というのは首相案件以外に何者でもないでしょう。

 

安倍さんの長年のお友達が以前から熱心に進めていた獣医学部誘致が安倍政権になって認可されるなんて余りにも自然な話です(笑)。

 

これが一体何が悪いんだろうか?とむしろ言って欲しいくらいです。

 

まあもちろんそんなことを言ったら野党などに批判されるに決まっているのでそんなことはしませんし、そもそも総理が直接認可に関与したらいけませんので「一切言及せずに認可推進する」という高等戦術によって岡山理科大学の獣医学部が誕生したのだと思われます。

 

現状では勇み足で柳瀬元首相秘書官が首相案件と言ってしまったということが判明していて彼は逃走しています。本人は言っていないということですが、文書によってそれが証明されていてそれじゃあ愛媛県の職員が嘘言っているのか!?とほとんど詰んでいる状態ですね…。

 

でも安倍さんを応援している人達は「首相案件なんて普通言わない、総理案件と言うだろ」というようないかにも苦しい擁護に回っていますね。

 

ハッキリ言って無理だろって思うんですが(^_^;)

 

メディアは安倍総理を辞めさせたいようだが

相変わらずメディアや野党は安倍政権を倒したい、「安倍総理」には辞めて欲しいようです。

 

私はどっちでも良いのですが、それより安倍さんを応援している人達が苦手です><

 

彼らは何か言っていることが変なんですね。何がと言われると全部…。とにかくヒステリックに野党やメディアを叩くんですが何か似た者同士っていうか同類だから喧嘩になるみたいな気がしますね。

 

正直安倍さんだろうがそうでなかろうが今の問題は一生解決することはないでしょう。根本的な解決を見なく、単に応急処置の方法が右派的なのか左派的なのかの争いに終始している。

 

こんなことでは一般国民が救われることはないなとこれだけは確信しています。こうしている間にも政治不信はどんどん極まっていて既存の政党は与党でも野党でも酷く地方では嫌われている。

 

そんな現実が見えず、今も言い争っている政治にまつわる人達の反省は遠いだろう、現実を突きつけられないと何も変わることができないんだろうと思います。

 

 

車買取 愛媛  

 

 

そして青森県のこともよろしくおねがいします!
車買取 青森

 

愛媛加計問題の詳細はこちらです